本陣樋口山【滋賀の食】

滋賀県米原市醒井は古来より良質の水に恵まれており、養鱒場があることでも知られています。
また江戸時代には五街道のひとつである中山道の第六十一番宿でした。
本陣樋口山は文字通り本陣跡。目の前を流れる地蔵川は清流で夏は水中花「梅花藻」が見頃。
名水を活かした虹鱒料理がいただけます。
b0367918_1265477.jpg

b0367918_127587.jpg

b0367918_1271818.jpg

当時の日本庭園を見渡せる、広々と開放的なテーブル席
b0367918_1291589.jpg

b0367918_1293267.jpg

□ランチ松コース3,000円
鱒の洗い・小鉢もの
b0367918_12105329.jpg

近江牛陶板焼き
b0367918_12113195.jpg

焼物・鱒ごはん・吸い物・香の物
b0367918_12121371.jpg

b0367918_12123165.jpg

デザート
b0367918_12125642.jpg

[PR]
by coconocage | 2016-08-05 12:15 | 滋賀の食

滋賀県の近江八幡は「赤こんにゃく」が名物です。
赤い正体は三二酸化鉄、華美を好んだ織田信長ゆかりだとも伝わっています。
近江八幡は信長亡き後、豊臣秀吉の甥、秀次が治めた城下町でした。
滋賀県民には「近江八幡のこんにゃくは赤い」という認識があるのですが、
県外の方はびっくりされるかもしれないですね。
びっくりと言えば、近江八幡の方にとってこんにゃくは赤いのが当たり前で、
一般的なこんにゃくの方が珍しい、のだと聞きました。

今日は、そんな赤こんにゃくのレシピをひとつご紹介します。

<赤こんにゃくゴマ風味煮>
1)本当に赤いんです。あく抜きに塩をふりかけ揉み、水洗い。
b0367918_107277.jpg

2)スプーンで適当な大きさにちぎる。(お好きなカタチでも)
b0367918_1083074.jpg

3)だし汁100CC、砂糖大さじ1、みりん大さじ2、酒大さじ2、醤油大さじ1
煮立ったら、こんにゃくを入れて落としぶたをして汁気がなくなるまで煮る。
b0367918_10114073.jpg

4)醤油大さじ1でこんにゃくを転がしながら炒め煮る。
b0367918_1012643.jpg

5)ゴマ油をたらして、すりゴマをふりかけたら出来上がり。
b0367918_10135431.jpg

メインにはならないですが、お弁当のおかずにもいいですよ。
b0367918_10111296.jpg

みなさんのおすすめレシピがありましたら教えてください。
[PR]
by coconocage | 2016-05-28 10:17 | 滋賀の食

小鮎の佃煮【滋賀の食】

滋賀県の郷土料理と言えば「湖魚の佃煮」です。湖魚(こぎょ)です。
代表的なのが鮎で、今の時期は小さい鮎がたくさん釣れます。
それを醤油、酒、砂糖、みりん、山椒で煮付けます。
柔らかくなって頭も骨も丸ごと食べられます。
甘辛さに微かな苦みが絶妙でまさに酒の肴!
専門店でもお土産屋さんでも買えますが、県内のスーパーでも売っています。
家庭で煮付けるお家も多いです。照りを出すのが難しいらしいのですが。
b0367918_10233830.jpg

[PR]
by coconocage | 2016-05-23 10:25 | 滋賀の食