ゲンジボタルとその発生地が国の特別天然記念物に指定されている
米原市の長岡地区で今年もホタルの光の舞が見られたそうです。
明日3日からは「天の川ほたるまつり」も開催されます。詳しくはこちら
見頃は今週末までだそうです。
地元の和菓子店「常喜家」さんでは季節限定のほたる餅が販売されています。
食べるのにちょっとためらいますが、美味しいですよ。詳しくはこちら
b0367918_10414590.jpg

[PR]
# by coconocage | 2016-06-03 10:42 | 滋賀の四季

麻のクッションカバーの縫製をお願いしているマール縫製さんから
「もうすぐ仕上がりますよ」と連絡がありました。
今回の縫製はご縁があって県内しかもご近所でお願いすることができました。
b0367918_1117613.jpg

麻のクッションカバーに関しては、すべて滋賀県内で生産となりました。
本格的な夏を前に2016新柄×麻クッションカバーmade in shigaを販売致します。
インテリアも夏仕様に…どうぞよろしくお願い致します。

************** Special Thanks **************

●麻生地の織り
滋賀麻工業株式会社さん
滋賀県愛知郡愛荘町市583/TEL 0749-42-2525
●プリント
近江織物さん
滋賀県東近江市五個荘中町346/TEL 0748-48-3005
●縫製
マール縫製株式会社さん
滋賀県愛知郡愛荘町東円堂2028/TEL 0749-42-3916
[PR]
# by coconocage | 2016-06-02 11:18 | お知らせ

滋賀県の近江八幡は「赤こんにゃく」が名物です。
赤い正体は三二酸化鉄、華美を好んだ織田信長ゆかりだとも伝わっています。
近江八幡は信長亡き後、豊臣秀吉の甥、秀次が治めた城下町でした。
滋賀県民には「近江八幡のこんにゃくは赤い」という認識があるのですが、
県外の方はびっくりされるかもしれないですね。
びっくりと言えば、近江八幡の方にとってこんにゃくは赤いのが当たり前で、
一般的なこんにゃくの方が珍しい、のだと聞きました。

今日は、そんな赤こんにゃくのレシピをひとつご紹介します。

<赤こんにゃくゴマ風味煮>
1)本当に赤いんです。あく抜きに塩をふりかけ揉み、水洗い。
b0367918_107277.jpg

2)スプーンで適当な大きさにちぎる。(お好きなカタチでも)
b0367918_1083074.jpg

3)だし汁100CC、砂糖大さじ1、みりん大さじ2、酒大さじ2、醤油大さじ1
煮立ったら、こんにゃくを入れて落としぶたをして汁気がなくなるまで煮る。
b0367918_10114073.jpg

4)醤油大さじ1でこんにゃくを転がしながら炒め煮る。
b0367918_1012643.jpg

5)ゴマ油をたらして、すりゴマをふりかけたら出来上がり。
b0367918_10135431.jpg

メインにはならないですが、お弁当のおかずにもいいですよ。
b0367918_10111296.jpg

みなさんのおすすめレシピがありましたら教えてください。
[PR]
# by coconocage | 2016-05-28 10:17 | 滋賀の食

ご購入していただいた皆様からお寄せいただいたご感想やご意見の一部を掲載しています。
個人的な感想なので、商品を保証するものではありません。

              ********布扇子********
b0367918_10185538.jpg

● 2013年6月 布扇子conomiをご購入 40代女性 / 滋賀県
麻(布)扇子はしっかり風がきてあおぎ心地バッチリです!
扇骨も黒いので汚れが目立たなくていいです。なによりデザインがおしゃれで使っていて
気持ちがいいです。加えて地元滋賀県の素材で出来ているので、地域貢献している感じが
気分を上げてくれますね♪

        ********ココジェンヌ(高島ちぢみ涼感インナー)********
b0367918_10191849.jpg

●2013年7月 ココジェンヌ(ホワイト・ブラック)をご購入 女性 / 滋賀県
スーツ着用で仕事をしているので夏は大変だったのですが、とても涼しい!
Tシャツ生地のインナーでは目立つお肉もすっきりおさまり気になりません。
ブラックは1枚でもオッケーですね。
伝統の繊維産業を大切に残していくには今、私たちが使わないと!
●2013年7月 ココジェンヌ(ホワイト・しっかりタイプ)をご購入 40代女性 / 滋賀県
さらさらとして着心地抜群です。胸元の開きが広くないのも気に入っています。
ブラックも欲しくなりました。職場の人も注文したいそうです。
● 2013年7月 ココジェンヌ(ブラック・すっきりタイプ)をご購入/60代女性 / 滋賀県
外回り(営業)が多いのでジャケットに合わせて着ています。
この暑さ、汗をすっと吸ってすっと乾いてくれるので一日中気持ちいいです。
●2013年8月 ココジェンヌ(ホワイト・しっかりタイプ)をご購入 30代女性 / 滋賀県
母へのプレゼントに買いました。涼しいと妹も気に入って、二人で取り合いになってしまい…
もう一枚、今度はブラックを買いました。私用にSサイズがあればなあ。
●2013年8月 ココジェンヌ(ホワイト・すっきりタイプ)をご購入 30代女性/ 滋賀県
アウターによっては袖が出て(見えて)しまいますが、涼しくて着心地がいいです。
自然派志向で肌にやさしいものを愛用している友だちの誕生日プレゼントに
麻ハンカチ(セタシジミ・ピンク)とセットでラッピングしてもらって贈りました。
● 2014年5月 ココジェンヌ(ホワイトしっかりM)をご購入 40代女性/滋賀県
去年、買って大活用しました。涼しくて快適でもう他のインナーが着られないです。
なので、今年用にリピです。職場の人にも頼まれたので一緒に注文しました。
● 2014年7月 ココジェンヌ(ホワイトしっかりM)をご購入 30代女性/滋賀県
お風呂上がりに着ると、とても気持ちよくて、そのまま寝ています。
ちょっと贅沢な使い方ですが、快適でヘビーユーズしています。
もう一枚欲しいなあと思っているので、限定ショップに買いに行きますね!
●2014年6月 ココジェンヌ(ホワイト&ブラックすっきりM)をご購入 40代女性/奈良県
着心地が良くて快適なので、洗濯して乾いたらすぐ着ています。愛用しています。
気に入っています♪ ホワイトは襟周りが出ない服に限定されてしまいますが、
ブラックはアイロンをかけて、カーディガンと合わせてアウターとして着ています。
きゃしゃな母にプレゼントしたいのですが、Sサイズは無いのですね。
● 2015年8月 ココジェンヌ(ホワイト・ブラックしっかりM)をご購入 40代女性/奈良県
涼しくて快適なので、ホワイトとブラックを交互に毎日着ています。
サテンのような光沢のあるレースだとアウターの幅がもっと広がると思います。

              ********麻ハンカチ********
b0367918_1020446.jpg

●2013年8月 麻ハンカチ(セタシジミイエロー・ユルギカブレッド)をご購入 女性/神奈川県
和服での食事やお茶の際、汚れ防止用に麻素材の手ぬぐいをネットで探していました。
無地や縞模様が圧倒的に多い中、お洒落で物語のある麻ハンカチを発見!
クリックするしかありませんでした。和服との相性も抜群でした。
手ぬぐい位の大判サイズであればなお良かったです。

             ********帆布トートバッグ********
b0367918_10203470.jpg

● 2014年7月 帆布トートバッグ(ヨシ)をご購入 滋賀県/女性
一目惚れです。程よい大きさでお弁当を入れたり、ちょっとしたお出かけにもよさそうです。
自分用にもいいですが、プレゼントにも喜ばれそうですね。タグのデザインも素敵でした☆
●2015年8月 帆布トートバッグ(Lサイズ・Yoshiカラー)をご購入 女性/大阪府
届いたDMの写真が、色、デザイン、大きさ、探していたイメージにぴったり過ぎでした。
実物はデザインだけではなく、軽くて、しっかりした縫製で嬉しいです。早速、使います!
● 2015年8月 帆布トートバッグ(Lサイズ・Yoshiブラックとカラー)をご購入 女性/滋賀県
実家と義理の母にお揃いの色違いでプレゼントしました。
とても喜んでくれてテンション上がってて私も嬉しかったです。
肩に掛けられてたくさん入るよ、と早速使ってくれています。
● 2016年5月 帆布ランチトートバッグ(Yoshi)をご購入 40代女性/滋賀県
実家の母に「母の日」プレゼントしました。
後日、会った時に母が「やっぱり、これいいわ♪」って。贈った私も嬉しくなりました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
[PR]
# by coconocage | 2016-05-27 10:25 | お知らせ

タカラジェンヌならぬココジェンヌは、高島ちぢみ(綿生地)の涼感インナーです。
ココ(湖国)+パリジェンヌ(パリに生まれ育った女性)の造語。

高島ちぢみはクレープとか楊柳(ようりゅう)とも呼ばれる綿織物です。
昭和のお父さんのステテコの生地と言えば、昭和世代には分かるでしょうか。
ステテコと同じ種類の中でも柔らかく高品質の生地を使っています。
生地にシボと呼ばれる凹凸があり、肌への接触面積が少なく、
汗をすぐに吸ってすぐに乾いてくれるので、とても涼しく着心地抜群です。

高島ちぢみは江戸時代から織られていたそうなんです。
庭に干しておいた織物が急な雨で濡れてしまったんですが、
乾かしてみると凹凸のある、それまでにない生地になっていたというエピソードもあります。

なぜ凹凸ができるのか?
織物はたて糸とよこ糸の交差で、できています。
よこ糸1mに1000回以上の強い撚り(ねじり)をかけて、たて糸と編み込んでから
水洗いなどの加工をすると、よこ糸が撚られる前の状態に戻ろうとして、
たて糸とたて糸の間から出てしまうのです。
b0367918_17233721.jpg

今日は涼しくなりましたが、まだ5月下旬だというのに暑くなってきました。
まずは下着から涼しくしてみませんか。
さらさらの着心地をぜひ試していただきたいです。
b0367918_1724144.jpg

ココジェンヌの詳しくはこちら
[PR]
# by coconocage | 2016-05-25 17:32 | cocono豆知識